耳科診療

耳科診療について

精査が必要な耳炎に対して、狭い耳の中を大きく拡大して観察できるビデオオトスコープ(耳の内視鏡)を用いての検査や処置が可能です。
慢性の外耳道炎や耳道の狭窄、中耳炎、内耳炎、鼓室胞炎などのほか、特に耳の腫瘍が疑われる場合には、必要に応じてビデオオトスコープとCT検査の所見を合わせて治療計画を立てます。

ビデオオトスコープ  
ビデオオトスコープ
 

鼓膜と鼓膜周囲の炎症 鼓膜とツチ骨、および耳道の炎症
鼓膜と鼓膜周囲の炎症 鼓膜とツチ骨、および耳道の炎症